文京区の社会保険労務士事務所のおもてなし

仕事柄社会保険労務士に様々な問題を相談することが多いのですが、なかなか良い答えを出してくれる人がいないためいろいろな社会保険労務士に相談を持ちかけています。
しかしそのほとんどの場合には端的に話を終わらせてしまう人が多く、忙しいためかこちらは追い返されてしまうような気持ちを味わってきました。
その中で文京区の社会保険労務士に相談した際には、非常にリラックスして様々な話をすることができ、ついつい本音まで相手に話してしまったことを覚えています。

出てきたお茶は最上級

文京区の社会保険労務士の事務所にお邪魔した際に驚いたのは事務所の中は非常に落ち着いた雰囲気であったことです。
一般的にこのような事務所はオフィスの中に応接セットが置いてあり他の職員の話などが聞こえる中で相談をしなければならず、あまり他人に聞かれたくない話をするには気が引けてしまう部分もあるのが一般的ですが、この事務所では落ち着いた雰囲気で話ができる環境が整っていると感じました。
周囲から音がほとんど聞こえてきませんし、逆にこちらの音も外には聞こえないのであろうと安心してしまいます。
また多くの社会保険労務士は非常に仕事が忙しいせいか、すぐに本題に入ろうとする人が多いのですが、私が話をしようとするととりあえずお茶でもどうぞと言うことでお茶を勧めてくれました。
その時に出てきたお茶が非常に美味しく、これは最上級のものであるだろうと考え、まずは相手にくつろいでもらおうと言うおもてなしの精神が徹底しているなと感じました。

ソファーも座り心地抜群

もう一つ文京区の社会保険労務士の事務所を訪問して感じた事は、ソファーが坐り心地が良かったことです。
といっても単に座り心地が良いと言うだけではなく、安心して相談ができる気持ちにさせる適度の硬さと包み込まれるような安心感を与えてくれる点が心地良かったの覚えています。
一般的にこのような事務所の場合、あまり座り心地の良いソファーを使っているところは多くありません。
多くの事務所は非常に忙しく、顧客に長いをされても困るので坐り心地の悪い固めのソファーを利用していることが多いと聞いています。
これは現代のビジネスでも非常に一般的と考えられる方法となっていますが、この文京区の社会保険労務士はまずはしっかりと顧客にくつろいでもらい落ち着いて相談をすることのできる環境を作ることに尽力しています。
最近ではおもてなしと言う言葉ばかりが一人歩きしてしまっている感がありますが、本当のおもてなしとはこの社会保険労務士のようなことを言うのだと感じました。

新宿の整体で感動したおもてなし

新宿の整体に通う人は少なくありませんが、やはり多くのサラリーマンが行き交う新宿ですので仕事に疲れている人が多いです。
デスクワークをしている人だけでなく、一日中外を歩くような営業マンでもやはり腰を痛めたりすることが多いです。
デスクワークをしている人ならば、一種の座り方が悪かっただけで腰を痛めたり肩のこることがあります。
このような場合には、少し仕事が早く終わった日に整体などに行くことができれば感動するでしょう。

予約の受付も丁寧

整体の店にも様々なタイプがありますが、全く特徴のないところではお客さんが来ず半年程度でお店がつぶれてしまう可能性があるでしょう。
何らかの個性を持たせるために、お客さんを感動させるだけのおもてなしなどをする必要があります。
2015年ごろからおもてなしと呼ばれる言葉がはやってきましたが、実際にこれを徹底するとなると非常に大変です。
ただ、お客さんの方としてはどのようなものかおもてなしになるかといえばやはり気持ちよくお店の中に入ることができ予想外のサービスをしてくれることでしょう。
お客さんをリピーターにさせるためのコツが一つあるとすれば、それはゲストが予想した斜め上の出来事がおこることです。
それは、嫌な思い出ではなく斜め上を行く喜びの方になります。
このように考えると、普通のおもてなしだけでなくそれ以上のものを考えなければなりません。
このためには、お客さんの満足度を101パーセント以上にすることが大事です。

施術後のメッセージカードに感動

例えば、施術を行った後に自宅にメッセージカードが送られてきたらどうでしょうか。
特に、券などが付いていなくてもその手紙だけで感動するはずです。
確かに、お客さんをリピーターにするためにそのようなことをしているお店は増えてきました。
ですがここで注意をしなければならないことは、単にカードが送られてきただけでは人は感動しないことです。
手紙には、文が記載されている必要がありますがほとんど文字がない場合や「またのおこしをお待ちしています」と手書きで書かれているだけではあまり意味がありません。
それよりも、前回話した話しは面白くまたお客さんと話しをしたいですなどといったことが手書きで書かれていることが必要です。
それと同時に、パソコンなどで打ち込むのも便利ですがやはりここは手書きで書きたいところです。
字が下手なのであまり手書きはよくないと考えている人は自らチャンスをつぶしていることになります。
下手くそでも丁寧に書ければお客さんの心をつかむことができます。

レジスター保守の手順から見えるメーカーのおもてなし精神

最近は日本人のおもてなしの精神が世界で評価をされていますが、これは単に外国人を迎えたり様々なサービスで行われているものだけではなく、日常的な仕事においてもその精神が生きているところが非常に多く見られます。
レジスターの保守の手順においてもこの精神が見られる部分があり、それは単に製品を修理するだけではなく顧客の仕事をスムーズに行わせることを優先する様々な手順に現れているのです。
そのため日本のメーカーの保守手順は非常におもてなしの精神に溢れていると言えるものとなっています。

保守は素人には難しい?

レジスターの保守は素人には非常に難しい作業が少なくありません。
特に最近ではほとんどのレジスターはコンピューターのプログラムが搭載されており、複雑な言語で構成されているために素人では異常な動作を行った場合その原因が全くわからないことが多いのです。
さらに動作の仕組みについても従来とは異なり非常に緻密に設計されている面が多いため、これらのチェックを行う事は素人には基本的にはできないと考えられます。
そのため保守を行う場合にはメーカーは利用者にはわからない様々なポイントに関して入念にチェックを行い、また場合によってはトラブルが発生しそうな部分においてはあらかじめメンテナンスを行うなど動作に支障をきたさないように確実な状態にすることを基本としています。
レジスターの保守を行う担当者は熟練した能力を持っていることも多く、その能力に支えられて利用者は安心してレジスターの利用を続けることができる面も少なくありません。

サポート体制でおもてなし

メーカーのおもてなしの精神はサポート体制にも表れています。
基本的にトラブルが発生した場合にその原因については素人である利用者は特定をすることができず、現象を窓口に相談する形が一般的です。
窓口では利用者の話をもとにその現象を推測し修理の体制を整えるとともに、利用者の状況によっては代わりの機会を用意するなど業務をサポートする体制も整えることが多いのです。
これは単に壊れた機械を修理すると言う事だけではなく、機械が壊れたことによる利用者に対する影響を最小限に食い止めるために様々な対策を行うおもてなしの精神の表れといえます。
日本の企業では古くから様々なサポート体制を整えており、単に故障したものを修理するのが基本の海外の体制とは大きく異なっています。
基本的にメーカーの責任は壊れたものを修理すると言う部分でしかありませんが、レジスターは壊れてしまった場合商品の販売ができなくなってしまうというトラブルを発生させてしまうことから、この部分まで面倒を見ることが日本の文化となっているのです。

施工図を見ると施工図屋のおもてなしの心が表れている

大工や職人が実際に建築をするにあたって、必ず必要なのが施工図です。
建築がスムーズに進むも進まないも、全ては施工図次第と考える人もいるほど
大事な施工図は、丁寧なものであればあるほど、
それを作った施工図屋の職人魂を感じることができます。
それはまさに、日本に来る外国人観光客向けに作られた
日本観光ガイドなどに見る、
おもてなしの心に近いものがあるのではと思います。
東京オリンピックを控えていることもあり、これから日本へは、
各国から続々と観光客が訪れることは容易に予想できます。
日本に来た観光客に、日本のおもてなしの心や日本ならではの
礼の心を感じて帰ってもらえるように、日本人としての誇りを持って、
普段から振る舞いに気を付けています。

東京のレコーディングスタジオでおもてなしの日本観光ガイドのレコーディングがされた

東京に行った際、用事があって
ふと立ち寄った東京のレコーディングスタジオで、
通常の歌のレコーディングの他に、
日本観光ガイドのレコーディングがされていました。
レコーディングスタジオにまで、
日本のおもてなしを感じることができたことから、
ふと東京オリンピックのことを考えてみました。
日本は、他の諸外国に比べても、類をみないほどの治安の良さや、
日本食の奥深さ、歴史建築物の多さから、外国人観光客に人気がありますが、
東京オリンピックの開催される2020年に向けて、
観光客も今以上に増加の一途をたどるのではないかと思います。
そのため、日本の素晴らしさを、
自分自身もより多くの人に伝えられたらと考えるようになりました。

autocadで日本観光ガイドのデザインをしておもてなしの心を表現した

autocadをある程度使うことができるようになってきたので、
何か有効活用をしたいと考え
日本観光ガイドのデザインをしてみることにしました。
国際化社会の時代だけにこのような形で社会に貢献できるのは、
CADソフトを使うことができるようになったかいがあると考えたのです。
おもてなしの心を表現したデザインにしてみたのですが、
自分にはこれが相手に伝わるかどうかわかりませんでした。
それなりに良くできているように思ったのですが、
相手にそれが伝わらなければ意味が無いわけで
果たして外国の人にそれが通じるのかなと思ってしまったのです。
通じてくれればこれほど嬉しいことはないと考えつつも、
ひとまず自分の持てる技量を何かに活かすことができたのは良かったです。

陥没乳首をこっそりケアすることとおもてなしの心の類似点

陥没乳首という悩みは、他人からはなかなか目に見えませんが、
当人にとってはなかなか重要な問題です。
近年日本を訪れる外国人が増えて、おもてなしの心が見直されています。
陥没乳首のケアとおもてなしの心には実は共通点があります。
日本観光ガイドをする友人に聞いたのですが、
外国人をおもてなしするには、表面には出ないような、
他人が気が付かないようなところの気配りが大事だそうです。
陥没乳首のケアも同様で、他人が目につかないところで
ケアに勤しむという人目を忍んでの努力が大事なのです。
陥没乳頭と外国人をもてなすことに共通点を見出すのは
なかなか困難なことではありますが、
日本観光ガイドをしている友人はその二つの重要性に気がついてから
仕事がより楽しくなったそうです。

横浜の看板は外国人にとっての日本観光ガイドにもなる

中華街に海に、横浜にはさまざまな施設や楽しむところがたくさんあります。
町中で見かける横浜の看板の中には、
印象的なデザインのものも豊富にあります。
看板というとお店の顔であり、案内の役割を行うことが多いです。
横浜の看板は外国人にとっての日本観光ガイドにも
なりうるものとなっています。
海外と日本の看板の違いといえば、
海外のものは派手なもので文字がライトで表されていたり、
お店のイメージイラストが看板になっていたりします。
日本は文字で表されたり、
看板自体をライトアップしたりするようなものが多いです。
おもてなしの心で、看板に値段が掲載されていたり
時間がわかりやすくなっていたりすることもあります。
外国人にとっても、看板は便利な存在になっていることでしょう。

ウユニ塩湖で外国人のおもてなしを受けた

テレビでよく紹介されるようになっていたウユニ塩湖に行ってきました。
一人旅というものは初めてで緊張しましたが、
行き先も宿泊先も自分自身で決めて行動することが出来るということに
責任と興奮を味わっていました。
ウユニ塩湖を前に一人で感動していると、
外国人のおもてなしを受けることが出来ました。
こちらの言葉は疎いものでしたが、ボディランゲージで
伝わることもあるのだと実感しました。
日本観光ガイドに掲載されているような有名な観光地の他に、
地元ならではの美味しいレストランやカフェ、
おすすめの施設を紹介してもらえました。
治安のことや安全性のことで、海外で不安はつきものだと感じていましたが、
楽しめる旅だったのでまた行きたいです。

千代田のレンタルオフィスで来訪した外国人におもてなし

お世話になったフランス人の彼をおもてなしするのに、
千代田のレンタルオフィスがぴったりだと感じました。
多少騒いでも問題ありませんし、外国人の彼も喜んでくれるでしょう。
その前に、こちらもおもてなしの為に勉強をしておかなくてはいけません。
日本観光ガイドの本を購入して、日本のことを少し勉強し直すことにしました。
最近では、日本人よりも外国人の方が、
日本に関して詳しい方もいらっしゃいます。
おもてなしする側としては、しっかりと勉強しておく必要があるでしょう。
千代田のレンタルオフィスで楽しく有意義な時間を過ごすことが出来るように、
日本観光ガイドを読み直し、
何を質問されても大丈夫なようにしておきたいと思います。

臨床心理士が外国人に喜ばれるおもてなしの日本観光ガイドに共著していた

大勢の外国人を観光案内するときにほぼ必ず付いているのが日本観光ガイド。
またガイドが案内するだけでなく、観光でやってきた外国人が
手に持っているのも日本についての観光ガイドブックです。
ある日、知人の臨床心理士と日本のおもてなしについての話題で
盛り上がりました。
この臨床心理士は「おもてなしの日本観光ガイド」も共著しており、
「人間の心理を繊細に捉えたものが、日本のおもてなしの心」
と語っていました。
後日都内をめぐる外国人向け観光バスに乗り込み、
日本人でもあまり知らなかった場所をガイドつきで案内する
バスツアーに参加しました。
臨床心理をうまく利用したガイドブックを活用すれば、
観光業に結び付けたらさらに訪日客が増え、
観光地の物販の売り上げが上がりそうだなとも思いました。

化粧ポーチはおもてなしの気持ちが表れているものである

外国人観光客が年間1千万人を超える時代、
日本観光ガイドに必須の言葉「おもてなし」があります。
東京五輪誘致でこの言葉が使われて一躍有名になりましたが、
外国人観光客は世界にその類を見ない日本のおもてなしに
感動する人が多いです。
和食の店ではお茶は無料で頂けますが、これも日本だけです。
人に何か見られている際に、きれいに見られる物を持つ事も
相手に対するおもてなしです。
女性が持っている化粧ポーチは小物ですが、
観光客からきれいな小物ですが何なのですかと聞かれて答えると、
とても喜びますし欲しいと言われます。
ちょっとしたものですが、日本女性の細やかな気遣いから生まれたものですね。
バッグに化粧品や筆記用具やティシュ等を詰め込んでいるのを相手が見ると
興ざめしてしまいます。

iphone買取を横浜でしてもらおうとお店を探し中

フランスへ留学したときにお世話になった人が日本へ遊びに来ることになった。
昔は手紙でのやり取りでしたがSNSが発達して本当に便利になりましたね。
フランス人の彼からはいろんな現地情報をSNSを通じてもらっているので、
こちらも負けじと日本の情報をアップしています。
日本に来たら横浜を案内しようと思っているんですが、
実はいまいち観光地のことをわかっていないのでリハーサルをしてきます。
その前にiphone買取を横浜でしてもらおうとお店を探し中です。