新宿の整体で感動したおもてなし

新宿の整体に通う人は少なくありませんが、やはり多くのサラリーマンが行き交う新宿ですので仕事に疲れている人が多いです。
デスクワークをしている人だけでなく、一日中外を歩くような営業マンでもやはり腰を痛めたりすることが多いです。
デスクワークをしている人ならば、一種の座り方が悪かっただけで腰を痛めたり肩のこることがあります。
このような場合には、少し仕事が早く終わった日に整体などに行くことができれば感動するでしょう。

予約の受付も丁寧

整体の店にも様々なタイプがありますが、全く特徴のないところではお客さんが来ず半年程度でお店がつぶれてしまう可能性があるでしょう。
何らかの個性を持たせるために、お客さんを感動させるだけのおもてなしなどをする必要があります。
2015年ごろからおもてなしと呼ばれる言葉がはやってきましたが、実際にこれを徹底するとなると非常に大変です。
ただ、お客さんの方としてはどのようなものかおもてなしになるかといえばやはり気持ちよくお店の中に入ることができ予想外のサービスをしてくれることでしょう。
お客さんをリピーターにさせるためのコツが一つあるとすれば、それはゲストが予想した斜め上の出来事がおこることです。
それは、嫌な思い出ではなく斜め上を行く喜びの方になります。
このように考えると、普通のおもてなしだけでなくそれ以上のものを考えなければなりません。
このためには、お客さんの満足度を101パーセント以上にすることが大事です。

施術後のメッセージカードに感動

例えば、施術を行った後に自宅にメッセージカードが送られてきたらどうでしょうか。
特に、券などが付いていなくてもその手紙だけで感動するはずです。
確かに、お客さんをリピーターにするためにそのようなことをしているお店は増えてきました。
ですがここで注意をしなければならないことは、単にカードが送られてきただけでは人は感動しないことです。
手紙には、文が記載されている必要がありますがほとんど文字がない場合や「またのおこしをお待ちしています」と手書きで書かれているだけではあまり意味がありません。
それよりも、前回話した話しは面白くまたお客さんと話しをしたいですなどといったことが手書きで書かれていることが必要です。
それと同時に、パソコンなどで打ち込むのも便利ですがやはりここは手書きで書きたいところです。
字が下手なのであまり手書きはよくないと考えている人は自らチャンスをつぶしていることになります。
下手くそでも丁寧に書ければお客さんの心をつかむことができます。

おススメホームページ
新宿で整体をお探しの方!コチラをご確認ください(https://www.sn-chiryo.com/)

レジスター保守の手順から見えるメーカーのおもてなし精神

最近は日本人のおもてなしの精神が世界で評価をされていますが、これは単に外国人を迎えたり様々なサービスで行われているものだけではなく、日常的な仕事においてもその精神が生きているところが非常に多く見られます。
レジスターの保守の手順においてもこの精神が見られる部分があり、それは単に製品を修理するだけではなく顧客の仕事をスムーズに行わせることを優先する様々な手順に現れているのです。
そのため日本のメーカーの保守手順は非常におもてなしの精神に溢れていると言えるものとなっています。

保守は素人には難しい?

レジスターの保守は素人には非常に難しい作業が少なくありません。
特に最近ではほとんどのレジスターはコンピューターのプログラムが搭載されており、複雑な言語で構成されているために素人では異常な動作を行った場合その原因が全くわからないことが多いのです。
さらに動作の仕組みについても従来とは異なり非常に緻密に設計されている面が多いため、これらのチェックを行う事は素人には基本的にはできないと考えられます。
そのため保守を行う場合にはメーカーは利用者にはわからない様々なポイントに関して入念にチェックを行い、また場合によってはトラブルが発生しそうな部分においてはあらかじめメンテナンスを行うなど動作に支障をきたさないように確実な状態にすることを基本としています。
レジスターの保守を行う担当者は熟練した能力を持っていることも多く、その能力に支えられて利用者は安心してレジスターの利用を続けることができる面も少なくありません。

サポート体制でおもてなし

メーカーのおもてなしの精神はサポート体制にも表れています。
基本的にトラブルが発生した場合にその原因については素人である利用者は特定をすることができず、現象を窓口に相談する形が一般的です。
窓口では利用者の話をもとにその現象を推測し修理の体制を整えるとともに、利用者の状況によっては代わりの機会を用意するなど業務をサポートする体制も整えることが多いのです。
これは単に壊れた機械を修理すると言う事だけではなく、機械が壊れたことによる利用者に対する影響を最小限に食い止めるために様々な対策を行うおもてなしの精神の表れといえます。
日本の企業では古くから様々なサポート体制を整えており、単に故障したものを修理するのが基本の海外の体制とは大きく異なっています。
基本的にメーカーの責任は壊れたものを修理すると言う部分でしかありませんが、レジスターは壊れてしまった場合商品の販売ができなくなってしまうというトラブルを発生させてしまうことから、この部分まで面倒を見ることが日本の文化となっているのです。