横浜の看板は外国人にとっての日本観光ガイドにもなる

中華街に海に、横浜にはさまざまな施設や楽しむところがたくさんあります。
町中で見かける横浜の看板の中には、
印象的なデザインのものも豊富にあります。
看板というとお店の顔であり、案内の役割を行うことが多いです。
横浜の看板は外国人にとっての日本観光ガイドにも
なりうるものとなっています。
海外と日本の看板の違いといえば、
海外のものは派手なもので文字がライトで表されていたり、
お店のイメージイラストが看板になっていたりします。
日本は文字で表されたり、
看板自体をライトアップしたりするようなものが多いです。
おもてなしの心で、看板に値段が掲載されていたり
時間がわかりやすくなっていたりすることもあります。
外国人にとっても、看板は便利な存在になっていることでしょう。

ウユニ塩湖で外国人のおもてなしを受けた

テレビでよく紹介されるようになっていたウユニ塩湖に行ってきました。
一人旅というものは初めてで緊張しましたが、
行き先も宿泊先も自分自身で決めて行動することが出来るということに
責任と興奮を味わっていました。
ウユニ塩湖を前に一人で感動していると、
外国人のおもてなしを受けることが出来ました。
こちらの言葉は疎いものでしたが、ボディランゲージで
伝わることもあるのだと実感しました。
日本観光ガイドに掲載されているような有名な観光地の他に、
地元ならではの美味しいレストランやカフェ、
おすすめの施設を紹介してもらえました。
治安のことや安全性のことで、海外で不安はつきものだと感じていましたが、
楽しめる旅だったのでまた行きたいです。

千代田のレンタルオフィスで来訪した外国人におもてなし

お世話になったフランス人の彼をおもてなしするのに、
千代田のレンタルオフィスがぴったりだと感じました。
多少騒いでも問題ありませんし、外国人の彼も喜んでくれるでしょう。
その前に、こちらもおもてなしの為に勉強をしておかなくてはいけません。
日本観光ガイドの本を購入して、日本のことを少し勉強し直すことにしました。
最近では、日本人よりも外国人の方が、
日本に関して詳しい方もいらっしゃいます。
おもてなしする側としては、しっかりと勉強しておく必要があるでしょう。
千代田のレンタルオフィスで楽しく有意義な時間を過ごすことが出来るように、
日本観光ガイドを読み直し、
何を質問されても大丈夫なようにしておきたいと思います。

臨床心理士が外国人に喜ばれるおもてなしの日本観光ガイドに共著していた

大勢の外国人を観光案内するときにほぼ必ず付いているのが日本観光ガイド。
またガイドが案内するだけでなく、観光でやってきた外国人が
手に持っているのも日本についての観光ガイドブックです。
ある日、知人の臨床心理士と日本のおもてなしについての話題で
盛り上がりました。
この臨床心理士は「おもてなしの日本観光ガイド」も共著しており、
「人間の心理を繊細に捉えたものが、日本のおもてなしの心」
と語っていました。
後日都内をめぐる外国人向け観光バスに乗り込み、
日本人でもあまり知らなかった場所をガイドつきで案内する
バスツアーに参加しました。
臨床心理をうまく利用したガイドブックを活用すれば、
観光業に結び付けたらさらに訪日客が増え、
観光地の物販の売り上げが上がりそうだなとも思いました。

化粧ポーチはおもてなしの気持ちが表れているものである

外国人観光客が年間1千万人を超える時代、
日本観光ガイドに必須の言葉「おもてなし」があります。
東京五輪誘致でこの言葉が使われて一躍有名になりましたが、
外国人観光客は世界にその類を見ない日本のおもてなしに
感動する人が多いです。
和食の店ではお茶は無料で頂けますが、これも日本だけです。
人に何か見られている際に、きれいに見られる物を持つ事も
相手に対するおもてなしです。
女性が持っている化粧ポーチは小物ですが、
観光客からきれいな小物ですが何なのですかと聞かれて答えると、
とても喜びますし欲しいと言われます。
ちょっとしたものですが、日本女性の細やかな気遣いから生まれたものですね。
バッグに化粧品や筆記用具やティシュ等を詰め込んでいるのを相手が見ると
興ざめしてしまいます。